建設技術プランナー株式会社SKプランニング

業務内容:測量

 測量は、さまざまな地理情報を提供するための根幹であり、現代社会の見えないところをささえる縁の下の力持ちです。
 当社は人工衛星を利用したGPS測量をはじめ、水準測量、河川測量、土地の境界調査をする用地測量など、測量業務全般に数々の実績を残してきました。
 当社では、技術革新が目覚ましい測量業務において、先端技術を積極的に活用し、より多様化、高度化する社会のニーズに応えるべく良質な成果を提供しています。
 

測量の定義

 測量とは、地上あるいは空間の諸点の相対的な位置関係、地表の形状を空間地理情報として取得する作業です。

測量の一般的分類

  • 基準点測量
  • 水準測量
  • 地形測量
  • 路線測量
  • 河川測量
  • 用地測量

基準点測量

 測量を行う上で基礎となる作業です。人工衛星を利用したGPS測量や、従来のトータルステーションで角度と距離を計測し、地球上の位置を正確に求めます。

水準測量

 地上の諸点間の高低差(比高)を求める測量です。
 日本水準原点とは、国の水準点の高さを定めるために固定した点です。場所は、東京都千代田区永田町1−1国会議事堂前庭北地区内(憲政記念館付近)にあり、高さは24.3900mです。
 水準測量は、水準点を基準に陸上の土地の標高を求めるために行うほか地盤沈下の調査なども行います。

地形測量

 現地において地形、地物を測定し数値地形図データを作成します。
 地形図は防災・設計・環境など様々な用途に利用されます。

路線測量

 道路・水路・鉄道・砂防建設のための調査、計画、実施設計及び維持管理に用いられる測量です。
 路線測量には、線形決定、中心線測量、縦断測量、横断測量、用地幅杭設置測量などがあります。

河川測量

 河川、海岸等の調査や維持管理に用いるために形状、水位、流量、深さを調査する測量です。
 調査の性質から定期的に継続して行うもので、その成果は治水、利水の総合計画の資料として用いられるほか、湖沼、海岸等の保全のための測量です。

用地測量

 用地取得に必要な資料及び図面作成を行います。
 一筆ごとの関係者に境界を確認してもらい、境界測量によって正確な位置と面積を算出し、土地の取得・売買等に必要な調査を行います。